勇清会とは…

『勇』
・正しいことを為す強き心。
・常に穏やかで動揺しない心。
・内面に隠された何ものにも動じない心。つまり、平常心(不動心)
・大胆な行動となって表面に表れる勇気。
・自分自身を鍛えて、果敢に攻める勇気
・自分よりも強い者に挑む勇気。決して弱いものを踏みにじることではない。

『清』
◎慈悲の心
・弱き者に優しさをもって接する心。
・相手の心に寄り添うこと。他者を思いやる心。
◎礼の心
・相手を尊重する心。
・自分の望まないことは、人にもしない。
・すべてのものに感謝する心。

これらは、それぞれが単独で存在するものではなく、いっしょとなって、初めて完成するものである。

勇清会では、空手を通じて、身体だけでなく、『心』の育成を行っております。

師範挨拶

『敬天愛人』
謙虚な心で天をおそれ敬い、人を愛し慈しむ

勇清会牧山道場は、京阪樟葉駅近くにあるアットホームな空手道場です。
牧山道場では、『敬天愛人』の心を大切にして、空手道を学んでほしいと思っています。人を気にせず、天を気にして生きてほしい。“天だけが本当に自分のことを知っている”と考え、自分にできる限りのことをして、空手道に邁進する。
すべての人々に友情を持ち、他人の苦しみや喜びを共有する心を育てる。空手道を学ぶことで、健全な肉体、強い精神力、集中力を得ることができます。
牧山道場では、特に精神(心)を鍛えてもらいます。

学校の勉強で知恵を手に入れ、空手を通じて心(勇気)を手に入れる。そして、自分がどう生きるのか、どう生きれば良いのかを学んでほしいです。
心が、“広く、大きく、強く”なると、そののちに身が修まります。
勇清会牧山道場は、空手を通じて自分の心を正しく強くすることが目的です。

勇清会牧山道場 師範 牧山勇樹